蒼き鋼のアルペジオ ネタバレ 118 24

/ / Uncategorized

ナガラ(蒼き鋼のアルペジオ)がイラスト付きでわかる! 霧の軽巡洋艦 概要 霧の艦隊に所属する軽巡洋艦の一隻。 佐賀県沖にてイ401と交戦し、撃沈された。 その後、何者かが残骸を回収されたのかコアも行方不明となっており、捜索していた402は気にしていた。 そんなにショックなことが起こるのか, 原作でのアシガラちゃんは最近正々堂々なキャラが立ちまくってかわいいけれど アニメに出てくるおっさんたちは

この投稿をもって、蒼き鋼のアルペジオ二次「灰色の航路」は完結となります。 投稿・感想、その他で支えて頂いた読者の皆様には、感謝しきれません。 2年以上の投稿はなかなか独りの気力では難しいので、読者の皆様の存在は本当に力になっています。 ●SSR[S]ミンキナーサ(ミンキーミサイル:モモ), ●SSR[B]ヴァンオメガ[Ω](ヴァール・カイト:アサヒ/シャッテ/ホノカ)

●SSR[F]東方不敗マスター・アジア(格闘:東方不敗) 【漫画】蒼き鋼のアルペジオ、制服少女未征服などykコミックス10月新刊 [朝一から閉店までφ★] 25コメント ; 6kb; 全部; 1-100; 最新50; ★スマホ版★; 掲示板に戻る ★ula版★; 1 朝一から閉店までφ ★ 2020/09/15(火) 06:56:43.03 id:cap_user.

ちなみに霧の艦の姿は大戦時の戦闘艦を模倣しているだけなので、一応軽巡長良の姿をした霧の艦が大量にいても設定的にありえない話ではない。 ●SSR[A]騎士GEAR凰牙★(剛腕粉砕撃:アルテア)

●SSR[D]銀牙騎士ゼロ★(銀狼剣:零)

●SSR[S]天竜神(パワーアームメーザー砲:天竜神)

「wikiへのご要望」はこちら, スパクロ攻略まとめwiki【スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)】へようこそ!, {{isNeedLogin ?

●SSR[S]ガンダムX魔王(シールドバスターライフル:マオ) ●SSR[S]エルガイム(パワーランチャー:アム(水着2020夏))

●SSR[B]マグナムエース(キャノン:マグナムエース), ※以下のユニットの評価はXΩスキルなしでのものとなります 腕は抱きつかれたときはしっかりしてたから、頑丈だと思う 軒並み「黒化」してるw, ぐんぞーメンタルモデル疑惑 また没になった原作1話(戦闘詳報2059に収録されている)では401と戦うのは彼女ではなく妹のイスズであった。. ●SSR[F]ゼルヴォイド★(ストレイングレイブ:エラン)

一応元気(?)らしくアワーズ17年11月号に掲載されたアドミラリティ・コードを探せで開催された千早群像艦長育成計画の育成方針意見を語る場にまさかの参加。なにやら激しく主張していたようだが何を言っているのか読者にはわからず、ヒュウガに「音声機能得てから参加しろ」とばっさり切られた。, 原作同様、イ401に撃沈されている。 ●SSR[B]ガーベラ・テトラ(キララ専用機)(ビーム・マシンガン:キララ)

史実での長良型は6隻しか存在しないのだが……。

401が沈んでるのも、それはもうTV版で見たとしか, >>91 ●SSR[F]ゲッター紅虎(格闘:バン子)

●SSR[S]ジンバ(赤)★(フォトンマット:サラ) ●SSR[S]撃龍神★(フォンダオダン:撃龍神) まぁ原作はいつ終わるのか見当つかないし妥当な判断だな

●SSR[B]ケロロロボUC(Dモード)(ビーム・ライフル:ケロロ)

●SSR[S]ラファエルガンダム(GNビームライフル:ティエリア), ●SSR[B]アクエリオンルナ(ビーム砲:シルヴィア) ●SSR[F]真ゲッタードラゴン(ゲッタートマホーク:竜馬), ●SSR[D]ゴッドシグマ(無双剣:闘志也) ●SSR[B]グレートマジンガー(2020年9月)(ネーブルミサイル:鉄也)

●SSR[D]Ζガンダム[XΩ](ビーム・サーベル:カミーユ)

●SSR[F]タウバーン・コンパートメント[XΩ](スターソード:タクト) )(剣:暗黒大将軍) ●SSR[F]ノーベルガンダム(バーサーカーモード)(格闘:アレンビー) ●SSR[B]キング・ザメク[Ω](ビーム:スガタ), ●SSR[B]スタービルドストライクガンダム[Ω](極)(スタービームライフル:セイ/レイジ), ●SSR[B]ウイングガンダムフェニーチェ(バスターライフルカスタム:リカルド)

新規のCMはここで大放出だったんだな ●SSR[F]ネオ・グランゾン[Ω](グランワームソード:シュウ), ●SSR[D]メルスギア・ターラ(プラズマチェーンソード改:オリーヴ(私服))

●SSR[F]クシャトリヤ(腕部ビーム・サーベル:マリーダ(浴衣2020))

AmazonでArk Performanceの蒼き鋼のアルペジオ 08 (ヤングキングコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。Ark Performance作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また蒼き鋼のアルペジオ 08 (ヤングキングコミックス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 ●SSR[D]真ゲッター1(ゲッタートマホーク:號)

●SSR[S]メルスギア・ジャウル[Ω](プラズマライフルMK-II:ドルテ), ●SSR[D]GEAR戦士電童(剛腕粉砕撃:銀河/北斗)

※勝手にツイートすることはありません。, ●SSR[S]フォースインパルスガンダム(高エネルギービームライフル:ルナマリア(浴衣2020)), ●SSR[D]ページェント(スターソード・リュビ:スカーレットキス(浴衣2020)), ●SSR[B]メルスギア・マラゴール(ヴァリアブル・プラズマライフル:カタリーナ(私服)), ●SSR[S]フルアーマーZZガンダム★(2連装メガ・ビーム・ライフル:ジュドー), ●SSR[B]メルスギア・ザヴァス[Ω](プラズマキャノンMk-IIカスタム:グーニラ), ●SSR[B]リベル・レギス[XΩ](ABRAHADABRA:マスターテリオン/エセルドレーダ), ●SSR[B]リベル・レギス(ABRAHADABRA:マスターテリオン/エセルドレーダ), 【リゼロス】Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories攻略まとめwiki, 『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX(ファイティング クライマックス)』攻略wiki, 『ディズニー マジックキャッスル ドリーム・アイランド(ディズニー牧場)』攻略まとめ, 通常攻撃に対し、高確率で分身が発生するためダメージを受けにくく、さらに、分身発生時、攻撃したユニットに固定大ダメージ、高確率スタン、特殊燃焼効果を付与可能で、回避がそのまま攻撃に直結するユニット。場合によってはあえて前線に出しても良いだろう。攻撃力に関しては、最大HPに応じて攻撃力が特大アップするアビリティを持ち、非常に高い。アリーナでは、高い回避能力を誇るユニットで、攻撃をあてるごとに、99回まで特殊回避を1回獲得するアビリティに加え、必中状態の攻撃に対して、回避、分身、特殊回避が可能になる。エースPアビリティ込みで初手の行動力が21000まで上がるので、先制攻撃でΩスキルを当て、特殊回避をまとめて獲得して敵の攻撃を回避しつづけ、粘り勝ちを狙う。先手を取られても、初期状態で9回の特殊回避を持つので強力な多段技以外には対応可能だ。エースPアビリティ, 火力、回避率、両方に優れるユニットで、攻撃範囲も広く、近接タイプのユニットとして非常に優秀。さらに、ファイター、ブラスタータイプの味方を強化するアビリティを持つので、編成をそれらを中心にすれば戦力の底上げが可能だ。通常攻撃に中確率燃焼、防御無効効果を付与、さらに必殺スキルに敵の攻撃力、装甲大ダウン効果を付与可能で、前線で戦いつつ、必殺スキルで雑魚をせん滅しつつ、強敵の能力を大きく下げられるのが嬉しい。アリーナでは、Vコスト2ながら高めの能力を持ち、支援攻撃と、通常攻撃で、敵の防御無効、分身無効、装甲100%無効、軽減250%無効、タフネス無効という能力を持つ。さらに、登場作品, 通常攻撃、クリティカル攻撃両方に高い回避率を発揮する回避に優れたユニット。その上で、回避発生時、攻撃したユニットに固定大ダメージを与え、高確率スタン効果を付与できる。前線で攻撃を回避することで真価を発揮するユニットだ。また、通常攻撃にバリア貫通、防御無効効果を付与、さらにバリア貫通時ダメージ特大アップするアビリティにより、バリアを持つ敵に強いのも嬉しい点だ。アリーナでは、Vコスト4で支援に優れたユニット。自分と、隣接する味方ユニットの攻撃力、クリティカルダメージ30%、命中率400%アップ、行動力1500アップという能力に加え、支援攻撃のEXアビリティを持ち、通常攻撃に複数の追加効果を持つ。行動ゲージ減少や、スロウ、スタン、必殺封印、回復封印を付与する効果があるため、先制攻撃で主力に追従し、これらを苦手とする敵の動きをある程度封じられる。Pアビリティは、攻撃力を上げるものに、, 全ての攻撃のダメージを大きく軽減し、さらに必殺スキルのダメージを大きく軽減可能なアビリティに加え、自軍エリア内で攻撃力特大アップ、クリティカル率、クリティカル倍率大アップするアビリティを持つ攻守ともに優れた能力を持つユニット。シューターのため、ダメージ軽減能力はややいかしにくいが、自軍エリアに攻め込んできた敵の足止めで力を発揮する。アリーナでは、Vコスト4で特殊な支援能力を持つユニットで、バトル開始時、味方, 初期状態ではそこそこの能力だが、必殺スキルを使用すると、長時間、攻撃力、回避率、命中率、クリティカル率が大アップするアビリティと、HP1/2以下で攻撃力、回避率、命中率を大アップ、さらに敵の装甲を一部無効化するアビリティを持つ。可能であればHPを1/2以下にしたいので、前線で戦い、HPが低下したら必殺スキルで一気にパワーアップ、と、いう流れが理想だ。アビリティの効果で必殺スキルの必要コアが2つ減少するのもありがたい点だ。アリーナでは、Vコスト2で強力な支援能力を持つのが特徴。味方Vコスト9以上のユニットのクリティカル率、クリティカルダメージ30%、回避率400%アップ、行動力2200アップという効果のアビリティに加え、EXアビリティに, 通常攻撃の速度が速くなるアビリティを持ち、敵の装甲大ダウン効果も付与されるため、ブラスターながら高めのダメージ効率を誇る。さらに、必殺スキル使用時、クロスコンボ倍率アップがアップするので、初手で必殺スキルを使うことでトータルのダメージをアップさせることも可能。また、味方Lサイズユニット全体を強化するアビリティを持つので、それらのユニットを同時に編成したい。アリーナでは、味方Vコスト6以下のユニットの行動力1200アップ、さらに敵から受けるダメージを200%軽減というアビリティが優秀。Pアビリティで, 自身はそこそこの能力を持ちつつ、常にHPが回復するアビリティを持つので、前線で十分な火力を出しつつ、しぶとく戦うことができる。さらに、アタッカー、ディフェンダー、シュータータイプの味方の装甲、回避率大アップというアビリティと、登場作品, 高めの基本能力に加え、敵に3回攻撃を当てるごとに攻撃力、回避率大アップ、クリティカル率、クリティカル倍率アップとパワーアップ可能で、バトル後半ではかなりの強さに。さらに、通常攻撃にバリア貫通、高確率特殊燃焼効果を付与、さらにバリア貫通時ダメージ特大アップというアビリティに加え、状態異常の敵に対してダメージが特大アップするので、特殊燃焼の通用する敵には大ダメ―ジを与えることが可能だ。アリーナでは、高火力の必殺スキルに加え、まずまずの行動力と耐久値を持つ。その上で自分と、隣接する味方ユニットに特殊回避を2回付与。その特殊回避を所持している間、攻撃力40%アップ、行動力1500アップというアビリティを持つ。味方の先制攻撃を支援し、その先制攻撃で生き残った敵に対し、必殺スキルでのトドメを狙う。敵に先手を取られても耐久値で生き残ることができ、耐久値を失うとさらに味方をパワーアップできるのが嬉しい。Pアビリティは, 装甲特大アップ、攻撃力、クリティカル率大アップという能力に加え、全ての攻撃のダメージを大きく軽減し、必殺スキルのダメージを大きく軽減可能。さらに、通常攻撃にHP回復、貫通、防御無効効果を付与と、守りに特化したユニット。自身がシューターなのであまりいかせないように思えるが、必殺スキルがダッシュ乱舞系なので、これを使ってボス戦などで一気に隣接して壁役になることが可能。アビリティで必殺スキルの必要コアが2つ減少するので気軽に撃って前に出られるのが嬉しい。アリーナでは、味方Vコスト9以上のユニットの攻撃力、クリティカルダメージ500%ダウン、行動力8000ダウンという強烈なマイナス効果のアビリティを持つ代わりに、自身のVコストが8で、200000の耐久値を持ちながら、自分の前方2マスの味方ユニットに守護状態を付与できるユニット。その上で、自分と、隣接する味方ユニットに特殊回避を2回付与し、その特殊回避を所持している間、クリティカルダメージを30%アップ、行動力1500をアップする支援能力も持つ。ユニットは制限されるが、守護能力で味方を守りつつ、先制攻撃の支援を可能にする優秀なユニットとなっている。その代わり、自身は鈍足で今のアリーナでは手番が回ってくるかも少々怪しい。あくまで主力のサポートと考えよう。その分、Pアビリティは無理に習得しなくてもOKだ。, 初期能力は高め、さらに戦艦に対してダメージが特大アップするアビリティを持ち、征覇28-Dで役立ってくれる。その上で、HP1/2以下で大幅にパワーアップし、HP1/4以下になるとさらに通常攻撃のへのHP回復効果付与を含めた複数の能力を発揮する。大きなダメージを受けてもしぶとく生き残るため、ある程度の無茶をしてもOKだ。アリーナでは、Vコスト2で、味方Vコスト6以下のユニットのクリティカル率、クリティカルダメージ30%、命中率、回避率200%アップ、行動力1800アップという支援アビリティを持つユニット。対象となるユニットで、先制攻撃を得意とするものは限られるが、Vコスト2でこの能力は非常に優秀。それらのユニットが主力の場合是非組み込みたい。あくまで支援がメインなのでPアビリティは無理に習得しなくても大丈夫だが、初手の行動力は10300ほどあり、必殺スキルの火力も高めなので、, ボスユニットに対してダメージが特大アップするアビリティを持つボスキラーユニット。高めの初期能力に加え、敵に1回攻撃を当てるごとに攻撃力、装甲大アップ、クリティカル倍率アップとパワーアップするため、ボス到達時、あるいはボス戦が長時間に及ぶ時に高い火力を発揮してくれる。アリーナでは、Vコスト6ながら単体対象に凄まじい火力を発揮するユニット。しかも、バトル開始時、味方, 高い装甲値に加え、全属性のダメージを激減する特殊装甲と最大HPに応じて、攻撃力が特大アップするアビリティを持つ攻守ともに高い能力を誇るユニット。その上で、ファイターの通常攻撃の範囲をさらに拡大し、範囲ダメージを特大アップ可能で、壁役をこなしつつ高いせん滅能力も発揮する非常に強力なユニットとなっている。アリーナでは、強力なΩスキルと高い防御性能を誇るユニット。特に、対射撃ユニットですさまじい防御性能を発揮し、もともとのダメージ軽減能力が300%で、エースPアビリティで+100%、さらに射撃タイプから受けるダメージを650%軽減するアビリティを持つので、ほとんどの攻撃をシャットアウトできる。超改造や味方のアビリティでさらにダメージ軽減能力を上乗せすれば、それ以外に対しても500%程度のダメージ軽減を期待できるので、相手の軽減無効能力次第では近接タイプにも十分な強さを発揮する。なお、行動力は12500程度で、必中や超命中などのアビリティ効果は持たないものの、攻撃が回避されるごとに、クリティカルダメージ30%、命中率500%アップ、行動力2500アップとパワーアップするのでバトルが長引けばそのうち命中するようになるだろう。敵からダメージを受けるごとに、HP50%回復し、レインボーコアを獲得、さらに1ターン行動力3000アップというアビリティも持つので、特殊回避を繰り返し獲得する敵にも、タイミングよく2回連続で行動できる形になれば一気に撃破も可能だ。PアビリティはエースPアビリティを全て習得しておけばOKだ。, 攻撃速度に優れ、自身の火力もまずまずな上、味方全体の回避率、攻撃力、装甲大アップ、移動速度、命中率アップというアビリティと、味方Mサイズユニット全体の攻撃力、回避率、装甲、移動速度、命中率大アップというアビリティで条件を満たすユニットを大幅に強化できるのが特徴。さらに、バトル開始時にディフェンダーのコアを3つ所持できるため必殺スキルも撃ちやすいのが嬉しい。アリーナでは、Vコスト4ながら、50000の耐久値、99回のタフネスアビリティを持ち、タフネス無効を持たない敵にはかなりの打たれ強さを発揮。さらに、味方のクリティカルダメージ30%、回避率150%アップ、行動力1700アップ。精神スキルの効果を1ターン(1回)増加という支援能力に加え、EXアビリティ, 攻撃力が特大アップするアビリティを持つ上、場にいる味方の数に応じて回避率、攻撃力、クリティカル率アップというアビリティにより高い火力を発揮する。さらに、味方Mサイズユニット全体の攻撃力、回避率、クリティカル率、命中率を大アップ、攻撃速度をアップさせることが可能で、味方を強化しつつ、自身の攻撃速度もある程度カバーできるのが嬉しい。トータルで非常に優れた攻撃能力を持っている。アリーナでは、Vコスト4で自身の行動力に関する能力は凡庸ながら、20回の特殊回避を持ち、必中状態の敵以外にはまずまずの耐久力を発揮。また、初期の命中率が最低1750%と高い数値を誇る。さらに、味方の攻撃力30%、命中率200%アップ、行動力1000アップ。精神スキルの再使用を1ターン短縮というアビリティに加え、EXアビリティ, 自身は攻守ともに高い能力を誇り、その上で味方Mサイズユニット全体の攻撃力、クリティカル率、クリティカル倍率を大アップ可能で、トータルで高い火力を発揮するユニット。その上、バトル開始時にコアを3つ所持するため、必殺スキルも連打しやすく、非常に高いせん滅力を持つ。アリーナでは、アビリティのみで初手の行動力が14000とまずまずの数値。アビリティのうち1つは、バトル開始から2ターン、味方の回避率400%アップ、行動力3000アップという効果で、自身以外の主力の初速を上げる場合にも使えるのが嬉しい。さらに、耐久値をすべて失ったとき、味方ユニットのクリティカル率、クリティカルダメージ50%アップ、行動力2000アップという効果を発揮。同じく耐久値を持つ味方と編成し、敵の先制攻撃に耐えて逆襲を狙ってもよい。必中能力を持ち、必殺スキルは高い火力を発揮するものの、タフネス無効などがないので、それらを持つユニットを同時に編成したい。Pアビリティは、, 初期状態では、成長タイプ極の高い能力と最大HPに応じて攻撃力が特大アップアビリティが頼みのユニットだが、HP1/2以下、HP1/3以下でそれぞれ大幅なパワーアップが可能。意図的に減らすことができればすさまじい強さのユニットになる。ブラスターかつ、極ユニットだけになかなかこの能力を発揮するのは難しいが、征覇などの強い敵が出るステージや、燃焼などで継続ダメージを受ける場合であれば発動が狙いやすい。アリーナでも、HP低下で大幅にパワーアップするユニット。800000の耐久値と、5000万のHPを誇り、その上で、HP1/5以下になったとき、1度だけ特殊回避を25回獲得可能で、必中状態の攻撃に対して、回避、分身、特殊回避が可能。基本的には鈍足ではあるものの、エースPアビリティを習得することで、追い込まれたときに凄まじい行動力を発揮する。PPは必ずそちらを選ぼう。敵の先制攻撃にそれらの能力で耐え、守護、耐久値すら貫通するΩスキルで全ての敵の撃破を狙う。HP1250万で特殊回避が発動するので、単発のよほど強力な技でない限り一度の攻撃で撃破されるのは稀。特殊回避を無視できるアビリティを持つユニットが天敵となる。PアビリティはエースPアビリティを全て習得すればOKだ。, 移動速度が下がるというデメリット付きのアビリティを持つ代わりに、凄まじい耐久力と、高い攻撃力と攻撃速度、そして広い攻撃範囲と範囲ダメージアップというすさまじい能力を持つ。本ユニットより遅いユニットはまれで、近接タイプのユニットと組ませると壁になるのすら難しいが、本ユニット以外を射撃タイプで固めるなど工夫をすると、壁になりつつ近寄ってくる敵をその攻撃範囲で次々と撃破することも可能。編成を工夫しよう。アリーナでは、自身の前方2マスへの守護能力に加え、自身と前方マスの味方ユニットのクリティカル率、クリティカルダメージ50%、命中率300%アップ。さらに敵からの行動ゲージ減少を無効化し、受けるダメージを120%軽減するアビリティを持つ。守護対象がダメージ軽減能力が高いものであれば、守護貫通の能力にも耐える可能性があり、さらに、自身もトータルのダメージ軽減能力がPアビリティ込みで最大320%とまずまずの数値。味方のアビリティや超改造でさらに上乗せしてやれば、半端な攻撃であればほとんどダメージを食らわなくなる。その上で、敵からダメージを受けるごとに、HがP50%回復し、レインボーコアを獲得、さらに1ターン行動力が3000アップするので、これらの能力で主力とともに攻撃に耐え、逆襲を狙おう。Pアビリティは, 敵に1回攻撃を当てるごとに、装甲、攻撃力、命中率アップ、1回ダメージを受けるごとに攻撃力、装甲、クリティカル率大アップとパワーアップする長期戦向きのユニット。装甲、攻撃力ともに高く、攻撃範囲を拡大可能なので初期状態でも充分に強いのが嬉しい。また、通常攻撃にHP回復、防御無効効果、バリア貫通を付与、さらにバリア貫通時にダメージ特大アップという能力を持ち、征覇の敵など、よほどの高火力の敵以外にはそうそう撃破されることはない。やや鈍足なので、同じく鈍足のユニットと組ませるか、射撃タイプ中心の編成の壁役として使うとよい。アリーナでは、被ダメージ時の1ターンの必中能力、狙撃能力、最終ダメージの30%のダメージを与える守護貫通能力を持ち、これらで各個撃破を狙うのだが、初期能力では耐久値はあるものの守りは弱い。専用のPアビリティ, 高めの能力に加え、自軍エリア内にいる味方ユニットの回避率、装甲、移動速度を大アップさせるアビリティが優秀。射撃タイプの味方を中心とした編成で力を発揮する。さらに、必殺スキルを使用すると、長時間、攻撃力、クリティカル倍率が特大アップするので、コアに余裕があるときは敵をせん滅しつつパワーアップしておこう。アリーナでは、支援能力に優れたユニットで、味方射撃タイプのクリティカルダメージ30%、命中率、回避率150%アップ、行動力1800アップとパワーアップ可能。射撃タイプを中心とした編成で力を発揮してくれる。また、必殺スキルは単発ながらも全体攻撃が可能で、超命中のEXアビリティを持つ。行動力はそれほど速くないものの、鈍足かつ逆襲狙いの編成であれば十分に先手は取れる。必殺スキルがクリティカルのとき、敵の行動ゲージを100%減少させ、レインボーコアを獲得可能なので、先制攻撃で敵の数を減らしつつ、コアの獲得を狙おう。Pアビリティは, コアを3つ以上所持している時、攻撃力、装甲、攻撃速度、移動速度大がアップするので、バトル開始からすぐパワーアップ可能。その上で、1回ダメージを受けるごとに攻撃力、装甲、クリティカル率が大アップするので、コアを持っているうちにダメージを受けてパワーアップしておきたい。攻撃にバリア貫通があるのも嬉しい点だ。アリーナでは、自分と、隣接する味方ユニットのクリティカルダメージ50%アップ、行動力2700アップ、さらに敵から受けるダメージを100%軽減するというアビリティが優秀で、さらに、強力な通常攻撃と支援攻撃を持つユニット。主力の強化と、タフネス無効効果付きの通常攻撃での支援攻撃でトドメを狙うが主な役割となる。逆に、Pアビリティは自身の火力などをシンプルに強化するものが少ないため、, 自己を強化する3つのアビリティで大きくパワーアップするユニット。初期状態で発動するものに加え、敵エリア内で回避率、攻撃力、命中率が大アップし、必殺スキルを使用するごとに攻撃力、回避率、クリティカル倍率がアップする。必殺スキルの必要コアがアビリティで1に減らせるので、早い段階で何度か使用してパワーアップしたい。その状態で敵エリアで戦えば、非常に高い回避率を発揮するので通常攻撃はほぼくらわなくなるので、壁役として優秀だ。アリーナでは、味方近接タイプのユニットのクリティカルダメージ70%、命中率300%アップ、行動力2000アップ、さらに受けるダメージを100%軽減という支援能力が優秀だ。さらに、自身はバトル開始から3ターン、敵から受けるダメージを200%軽減し、さらに状態異常にならず、敵からの行動ゲージ減少を無効化することが可能で、味方のアビリティや超改造ででさらにダメージ軽減能力を上乗せすればなかなかの頑強さになる。攻撃を当てるごとに行動力が1000上がり、敵を撃破するごとに、1ターン行動力7000アップするので、ダメージを大きく軽減できるうちに素早く敵主力を各個撃破しよう。Pアビリティはシンプルに, 自身の能力は大器ユニットとしてはやや凡庸だが、必殺スキルを使用していない時間に応じて必殺スキル威力が特大アップするので、バトル終盤に強力な敵を一気に撃破したいときに便利。さらに、通常攻撃に貫通、中確率スタン効果を付与するので、スタンが通用する敵へは高い妨害能力を誇る。アリーナでは、計270%のダメージ軽減能力を誇るユニット。超改造や味方のアビリティで軽減能力を付与してやればさらに打たれ強く。この能力で耐えつつ、必殺スキルでの敵の撃破を狙う。必殺スキルはクリティカル時に高い火力を発揮するが、タフネス無効などの能力はないので、それらの能力を持つ味方と組ませてやりたい。Pアビリティは, 火力などはやや物足りないものの、支援能力に優れたユニットで、アタッカー、ディフェンダー、シュータータイプの味方の攻撃力、装甲、クリティカル率を大アップ、クリティカル倍率、攻撃速度をアップし、自分のタイプと同色コアをバトル開始時に2つ所持可能。さらに、通常攻撃にHP回復、吹き飛ばし、低確率スロウ効果を付与するため、自身はしぶとく生き残って味方を強化し、敵の妨害も行える。アリーナでは、コスト6の3つのPアビリティがそれぞれ強力で、付け替えることでさまざまな役割をもつユニットに変化するのが最大の特徴。, 通常攻撃に分身無効効果を持ち、さらに、攻撃にバリア貫通、防御無効効果を付与、バリア貫通時にダメージ特大アップというアビリティで様々な敵に安定したダメ―ジを与えられる。しかも、最大HPに応じて攻撃力が特大アップするので火力も十分。高いダメージ効率を発揮するユニットとなっている。アリーナでは、成長タイプ極のユニットだけあり、Vコスト8ながら高いスペックを誇る。必殺スキルは単体対象ながらも、高火力の多段技で、軽減999%無効、100%侵蝕、タフネス無効、バリア、特殊装甲貫通攻撃と非常に強力。EXアビリティにより、必殺スキルで守護状態の敵にも最終ダメージの50%を与えることが可能なので、守護状態でも、耐久値を持たない敵は高確率で一撃で撃破可能。また、一斉攻撃の能力を持ちつつ、自分と、その隣接する味方ユニットは特殊回避と分身以外に対して攻撃が命中する能力を持ち、味方に通常攻撃で、敵の防御無効、分身無効、装甲100%無効、軽減200%無効、バリア、特殊装甲貫通という効果を付与できる。これにより、敵主力が耐久力を持っていても、一斉攻撃で一気に撃破が可能。この軽減無効などの効果は、味方ユニットが通常攻撃に同様の能力を持つ場合上乗せされる。さらに、エースPアビリティ, 初期スペックは低めなものの、HP1/2以下で攻撃力、装甲、命中率特大アップ、クリティカル率、クリティカル倍率、攻撃速度大アップとパワーアップする。また、戦場に出ている間限定で自分以外の味方の移動速度特大アップ、回避率、装甲大アップ、さらに味方全体の受ける全ての攻撃のダメージを軽減可能で、味方全体の被ダメージを抑える能力に優れる。逆に、戦艦に搭載すると味方全体の攻撃力、命中率、クリティカル率大アップと攻撃面を強化できる、支援能力の切り替えが面白いユニットとなっている。アリーナでは、30000の耐久値を持つのだが、なんと、耐久値を所持している間、味方ユニットの命中率、回避率150%ダウン、行動力1200ダウンとパワーダウンさせてしまう。しかし、自身が撃破されると、味方の命中率、回避率300%アップ、行動力2400アップと大幅な強化が可能。例えば、耐久値を持つ主力を守護状態にしておき、本ユニットは守護から外し、先に撃破されるよう順番を調整する、といった工夫をするとよい。Pアビリティは、基本的に撃破されるのが目的なので、無理に習得しなくてもOKだ。, 攻守ともに高めの能力を持ち、さらに、敵を撃破するごとに攻撃力、回避率大アップ、クリティカル率がアップするため、ある程度敵を倒せば通常攻撃をほとんど食らわなくなる。さらに、通常攻撃に防御無効、高確率特殊燃焼を付与できるため、燃焼が通用する相手へのダメージ効率が高く、征覇の特定のステージで役立ってくれる。アリーナでは、主に2つの役割がある。自分が攻撃対象に選択されていない場合相手の攻撃を受けないというEXアビリティに加え、自分と、その隣接する味方ユニットのクリティカルダメージ50%アップ、行動力2000アップ、さらに状態異常にならず、受けるダメージを100%軽減するというアビリティを持つ。狙撃されなければ、先制攻撃をくらっても自身が撃破されないので、この効果を継続できる。もう一つの役割が、耐久値を持つ敵の撃破だ。専用のPアビリティ, 高い攻撃力、回避率に加え、敵エリア内で攻撃力、命中率、回避率、攻撃速度が大アップするでの、前線で戦う間は高確率で通常攻撃を回避可能に。その上攻撃を5回当てるごとに攻撃力、装甲大アップ、命中率、クリティカル率がアップするので、さらにパワーアップが可能。また、通常攻撃に防御無効、高確率特殊燃焼を付与できるため、燃焼が通用する相手へのダメージ効率が高く、征覇の特定のステージで役立ってくれる。アリーナでは、専用Pアビリティ, 初期状態で能力の上がるアビリティは持たないものの、敵エリア内で攻撃力、装甲特大アップ、命中率大アップと大きくパワーアップ。さらに、通常攻撃に防御無効、HP回復効果を付与、さらに通常攻撃の吹き飛ばし効果アップというアビリティを持ち、前線で戦うことで高い能力を発揮し、HPも回復するので滅多に倒されることもない、というユニットとなっている。状態異常にならないのも前線を維持する上で役立ってくれる。アリーナでは、Pアビリティ込みで15500と高めの行動力に加え、600000の耐久値を持つので先制攻撃を狙いつつ、僅差で先行されても一撃であれば耐えて逆襲が狙えるのが嬉しい。必殺スキルに分身無効があり、アビリティで特殊回避を無視して攻撃可能なので、回避率1250%以下の敵には確実に攻撃を命中させられる。また、自分と、上1マスに隣接する味方ユニットを強化するアビリティを持ち。ダメージ軽減率140%を付与できるので、ダメージ軽減率の高いユニットと組ませることでその打たれ強さを増すことが可能だ。Pアビリティは, 攻守ともに高い能力を誇り、その上で1回ダメージを受けるごとに攻撃力、装甲、命中率、移動速度アップとパワーアップし、最終的にはすさまじい装甲になる。また、必殺スキルの威力が特大アップするアビリティを持つため、瞬間火力は非常に高い。アリーナでは、初手の行動力はやや低めなものの、600000の耐久値を持ち、敵からダメージを受けるごとに、耐久値30%修復し、レインボーコアを獲得、さらに1ターン行動力4000アップという効果のアビリティを持つ。高速で行動できるユニットが1体という編成に強く、耐久値で耐え、必殺スキルでの逆襲を狙う。必殺スキルは380%の軽減無効能力に、バリア、特殊装甲貫通、タフネス無効という効果に加え、EXアビリティの効果により、必殺スキルで敵の守護状態を貫通し、最終ダメージの30%を与える。そのため、守護能力持ち+ワントップ型の編成に非常に強い。Pアビリティは, 運動性値分攻撃力がアップするアビリティを持ち、その他のアビリティの効果も含めもともと高い攻撃力をさらに強化可能。さらに、通常攻撃に貫通、防御無効を付与、さらに通常攻撃の吹き飛ばし効果アップと言う効果を持ち、複数の敵に大きなダメージを与えつつ、まとめて吹き飛ばすことができる。アリーナでは、500000の耐久値と500000を超えるHPを持ち、敵からダメージを受けるごとに、HP50%回復、耐久値30%修復し、レインボーコアを獲得、さらに1ターン行動力1000アップというアビリティを持つ。攻撃を受けてもある程度回復しつつ行動力を上げて逆襲を狙う。また、耐久値をすべて失ったとき、行動力が7000アップし、さらに受けるダメージを280%軽減し、特殊回避と分身以外に対して攻撃が命中するようになるので、味方のアビリティでさらに軽減能力を上乗せすればまずまずの頑強さになる。さらに、特殊回避に攻撃が命中する能力を持ち、必殺スキルが分身無効効果があるので、耐久値を失った状態であれば、どんな相手にも必殺スキルを当てることができるように。その上、守護状態の敵にダメージを与えることができるので、タフネス無効こそないものの、トータルで守りの硬い敵に強いといえる。Pアビリティは、, 最大HPに応じて、攻撃力特大アップ。攻撃にバリア貫通を付与し、さらに通常攻撃の範囲を拡大可能し、HP回復効果を付与する。その上、全属性のダメージをとても大きく軽減する特殊装甲を持つため、攻守ともに優れた能力を持つユニットだ。アリーナでは、アビリティとエースPアビリティの効果で、ダメージ軽減率370%を誇る頑強なユニット。Vコストが8と中程度のため、さらにダメージ軽減を付与できるユニットも組み込みやすい。超改造アビリティもダメージ軽減を優先して狙いたい。アビリティ, 味方の強化で優れた能力を発揮し、装甲、回避率、移動速度大アップ、クリティカル率、クリティカル倍率アップという効果に加え、必殺スキル封印耐性、燃焼耐性を付与できるのが特徴で、それらを付与する敵が強力な征覇のステージで役立ってくれる。自身はそれ以外にも自己強化可能なアビリティに加え、通常攻撃にバリア貫通、高確率暗闇、中確率特殊燃焼を付与可能で、こちらも征覇で有用な能力となっている。アリーナでは、高い火力を誇るものの、行動力などはそこそこ。しかし、バトル開始時に10000の耐久値を持ち、自分と、その隣接する味方ユニットの行動力2000アップ。さらに状態異常にならず、敵からの行動ゲージ減少を無効化し、受けるダメージを100%軽減というアビリティが強力。もともとダメージ軽減能力に優れるユニットをさらに強化し、行動力も上げるのが主な役割となる。Pアビリティは, 攻撃力、命中率、回避率、移動速度、クリティカル率が大アップするアビリティに加え、必殺スキルを使用すると一定時間、攻撃力、回避率、クリティカル率、攻撃速度が大アップする。アビリティで必殺スキルの消費コアを2コア減少できるため、実質コア2個で必殺スキルが使用可能なので、こまめに使ってもよいだろう。さらに、通常攻撃にバリア貫通、貫通時にダメージ特大アップするアビリティを持つため、バリアを持つ敵に強い。アリーナでは、自身のVコストは6で、味方Mサイズユニットの命中率、回避率200%、状態異常耐性300%アップ、行動力2700アップ、さらに敵からの行動ゲージ減少を無効化するというアビリティが強力なユニット。指定されたユニットを大幅に強化が可能。また、通常攻撃が強力で、かつ、支援攻撃と4回攻撃を持つので、主力に先制攻撃をさせ、耐久値などで残った敵にトドメも狙える。Pアビリティは, 守りが優れたユニットで、自身は装甲特大アップ、攻撃力、クリティカル率大アップ、攻撃速度アップという効果でパワーアップし、さらに、味方全体の受けるクリティカル攻撃以外のダメージを軽減可能。通常攻撃に中確率スロウ、暗闇効果を持つので、こちら通じる敵相手であればさらに被ダメージを抑えられる。また、登場作品, 高い攻撃力に加え、攻撃の範囲を拡大し、攻撃に敵の装甲の一部を無効化する能力を持つ。その上で、通常攻撃にHP回復、バリア貫通、防御無効効果を持ち、状態異常も無効化可能で分身状態の敵に対して命中率特大アップ、と、攻守ともに非常に高い能力を持つ。さらに、味方Mサイズユニット全体の攻撃力、装甲、移動速度を大アップ、クリティカル倍率をアップ可能と、さまざまな役割のこなる非常に強力なユニットとなっている。アリーナでは、味方Vコスト6以下のユニットのクリティカル率、クリティカルダメージ50%、命中率、回避率200%アップ、行動力2000アップという効果のアビリティと、自分と、その隣接する味方ユニットの攻撃力50%アップ、行動力1500アップ、さらに状態異常にならず、受けるダメージを100%軽減という2つの支援能力が優秀だ。いわゆるオリジナル系の一部ユニットと、低コストのXΩスキル所持ユニットを強化するとときに非常に役立ってくれる。ただし、自身は防御面がやや弱く12回の特殊回避頼み。行動力もそこそこ。必殺スキルは非常に強力なので、敵の必中状態のユニットや行動力の高いユニットを先制攻撃で倒してもらい、本ユニットでトドメ、というのが理想的な流れだろう。Pアビリティは, 攻撃力が大きくアップするアビリティを2つ持ち、かつ、攻撃速度も優れるため非常に火力が高い。代わりにHPが低めでやや打たれ弱い面もあるのだが、回避率は高めで、アビリティでクリティカル以外の攻撃のダメージを大きく軽減可能。味方のアビリティでさらに回避率を上げて被ダメージを減らしたい。アリーナでは、Vコスト14のユニットで、Ωスキルが凄まじい火力を誇り、かつ、アビリティで超命中、必中状態の両方の能力を持つため、特殊回避さえ潰せば、あらゆる敵に攻撃をヒットさせられる。さらに、守護貫通効果も持つ。自身の行動力はPアビリティを含め最大15000。これだと、行動力に優れるユニットには先手を取られやすいものの、EXアビリティ, 常時発動する自己強化アビリティに加え、自軍エリア内で攻撃力、装甲、命中率が大アップ、攻撃速度がアップするアビリティを持つため高い能力を発揮。さらに、必殺スキルを使用すると、長時間、攻撃力が特大アップ、クリティカル率、クリティカル倍率が大アップと大幅なパワーアップが可能で、バトル開始時にコアを2つ所持するため、開幕から必殺スキルを使える。トータルで非常に火力の高いユニットとなっている。アリーナでは、90000の耐久値と、耐久値を所持している間、味方ユニットのクリティカル率、クリティカルダメージ30%、命中率、回避率150%アップ、行動力1500アップという効果を発揮するアビリティが優秀。Pアビリティで, 高めの火力に加え、通常攻撃に貫通、中確率スタン効果を付与し、さらに、スタン状態の敵に対してダメージ大アップするアビリティを持つ。自身でスタンをばらまいて、ダメージ効率をアップさせることが可能で、スタンが通用する相手にかなりの火力を発揮する。その上で、敵を3回撃破するごとに攻撃力大アップ、命中率、クリティカル率アップとパワーアップするので、バトル終盤ではさらなる火力アップが期待できる。アリーナでは、支援能力に優れるユニットで、自分と、その隣接する味方ユニットの状態異常耐性300%アップ、行動力1500アップ、さらに受けるダメージを50%軽減可能。行動力とダメージ軽減能力の両方をアップしたいときに便利。なお、そのPアビリティは支援に関するものがないので、無理に習得しなくてもよいが、初期の行動力が9000とまずまずの数値なので、, 味方SSサイズユニット全体の攻撃力、回避率大アップ、クリティカル率、クリティカル倍率アップというアビリティが優秀で、条件を満たすユニットを大きく強化できる。また、自身は攻撃がクリティカル時、バリア貫通、中確率特殊燃焼効果を付与というアビリティを持つので、味方のアビリティでクリティカル率を上げてやれば、ほぼ発動する状態にもでき、火力の底上げが可能な上、味方が撃破されると攻撃力、装甲、クリティカル率特大アップ、クリティカル倍率大アップとパワーアップするので、追い込まれても高い能力を発揮してくれる。アリーナでも、味方SSサイズユニットのクリティカルダメージ50%、命中率300%アップ、行動力1300アップというアビリティとPアビリティ, 自身の能力を大幅に強化する自己強化アビリティに加え、敵に1回攻撃を当てるごとに攻撃力、命中率、回避率がアップする。ファイターのため複数の敵に攻撃を当てて一気にパワーアップが可能だ。守りに関しては、HPが低いため、必殺スキルにはやや弱いものの、非常に高い回避率と、常にHPが回復する能力により、十分なしぶとさを誇る。アリーナでは、初期状態で600%の回避率に加え、味方が撃破されるごとに、クリティカル率20%、命中率、回避率300%アップ、行動力3000アップとパワーアップ。そして、EXアビリティの効果で自分が攻撃対象に選択されていない場合相手の攻撃を受けないため、味方を先に壊滅させられると、自身は生き残り、大幅にパワーアップ可能。回避率は、アビリティのみで最大1800%となり、必中状態の攻撃に対して、回避と特殊回避が可能なため、超命中以外では攻撃を当てるのも困難になるので、その状態で逆転を狙う。Pアビリティは, 通常攻撃に貫通、バリア貫通、高確率暗闇、中確率特殊燃焼効果を付与し、その上で状態異常の敵に対してダメージが大アップするアビリティを持つ、火力に優れたユニット。複数の敵にまとめて状態異常を付与できれば、そこからまとめてせん滅も可能。さらに、味方全体の攻撃力、命中率、回避率、クリティカル率を大アップするアビリティを持つため、戦力の底上げが可能だ。アリーナでは、Vコスト4で、自身の能力はそこそこなものの、味方SSサイズユニットの攻撃力、クリティカル率50%アップ、行動力2500アップというアビリティが優秀で、耐久値を持つため一度は先制攻撃に耐えることができるためその効果を維持しやすい。通常攻撃は2回攻撃が可能で、敵の分身無効、軽減200%無効、タフネス無効、さらに敵の行動ゲージを50%減少させることが可能で、Pアビリティで, 火力に優れたユニットで、装甲、攻撃力、クリティカル率が大アップするアビリティに加え、生存している味方ユニット1体につき、攻撃力、装甲大アップ、クリティカル率アップ、1回ダメージを受けるごとに装甲、攻撃力、クリティカル倍率アップとパワーアップする。前線で攻撃を受けてどんどんパワーアップさせよう。さらに、バリア貫通能力もあるため、征覇の特定ステージで強い。アリーナでは、バトル開始から4ターン、敵から受けるダメージを250%軽減し、さらに状態異常にならず、敵からの行動ゲージ減少を無効化する能力を持ち、これで攻撃を耐えつつ、自分以外の味方が精神スキル発動時、攻撃力、CRT率20%、クリティカルダメ50%、命中率、装甲100%アップ、行動力1000アップとパワーアップする能力で先行する味方に続いて敵の撃破を狙う。必殺スキルは単体対象ながらも火力は高めなので、敵主力の撃破を狙おう。Pアビリティは, 自身の能力は飛びぬけたものは持たないものの、自分が撃破された時、残っている味方の攻撃力、命中率、クリティカル率大アップと大幅な強化が可能。壁役として戦い、撃破されても追加効果があるのは嬉しい。また、通常攻撃に中確率特殊燃焼があり、必殺スキルに高確率特殊燃焼を持つので燃焼が重要になる征覇のステージで便利。バトル開始時に自タイプのコアを3つ所持できるので即燃焼付与も狙える。アリーナでは、自分と、その上下1マスに隣接する味方ユニットのCRT率、クリティカルダメ50%、命中率500%アップ、行動力2000アップ。さらに受けるダメージを180%軽減というアビリティと、自分の後方2マスの味方ユニットに守護状態を付与するEXアビリティにより、味方を守ることに長けるユニットとなっている。また、自身はさらにファイター、ブラスターから受けるダメージを250%軽減可能なため、その2タイプから受けるダメージを大きく軽減できる。Pアビリティは、, 火力に優れ、かつ広い攻撃範囲を持つユニットで、その上で敵を撃破するごとに装甲、クリティカル率大アップ、攻撃力アップとパワーアップするため、最終的にすさまじい強さを発揮するように。状態異常にならないこともあり、高火力かつ頑強なユニットとなっている。アリーナでは、Vコスト14で、火力に優れる上でHP10000000というとんでもない数値を誇るユニット。その上、反撃確率100%、状態異常にならず、必中状態を得、そして、通常攻撃の範囲を、対象を含む、上下1マスとその各後方2マスに拡大可能。通常攻撃にさまざまな追加効果があり、HP回復効果もあるため、攻撃を受け、反撃で敵をまとめてせん滅し、HPもすぐさま回復可能、と、凄まじい強さを発揮。敵からダメージを受けるごとに、1ターン行動力3500アップすることもあり、数度攻撃を受け、反撃で敵を減らし、耐久値などを削り、タフネス無効の必殺技でフィニッシュ、というのが基本の流れ。ただし、弱点として、行動ゲージ減少に弱いことは覚えておきたい。反撃無効とその組み合わせがやや苦手。Pアビリティは, 装甲特大アップ、攻撃力、クリティカル率大アップというアビリティと、全ての攻撃のダメージを大きく軽減、さらに必殺スキルのダメージを大きく軽減というアビリティですさまじい防御性能を誇る。その分、初期の攻撃力は凡庸だが、敵を撃破すると攻撃力が特大アップ、クリティカル率、クリティカル倍率が大アップする。積極的に壁になって敵を撃破しよう。アリーナでは、自身と前方の味方に超命中と50%のダメージ軽減能力を付与し、自身と隣接する味方に行動力1500アップ、行動ゲージ減少無効化、120%のダメージ軽減付与。そして、300000の耐久値と、それを失うと攻撃力、クリティカルダメ80%アップ、行動力7500アップ。さらに、敵からダメージを受けるごとに、1ターン行動力2500がアップするので、耐久値で攻撃を受け、大きくパワーアップしてから各個撃破を狙う。味方の行動力を上げられるのをいかし、行動力に特化した味方で初手で敵の数を減らすのも有効だ。Pアビリティは, 初期状態でもまずまずの攻撃力に加え、攻撃を3回当てるごとに命中率が大アップ、攻撃力、クリティカル率、回避率がアップし、HP1/2以下のとき、攻撃力、回避率特大がアップ、クリティカル率、クリティカル倍率が大アップする。前線で積極的にダメージを受け、アビリティを発動させたい。アリーナでは、バトル開始自に狙撃状態を得、さらに、ダメージを受けるごとに1ターン必中状態を得る。バトル開始から4ターンの間、、敵から受けるダメージを400%軽減するアビリティを持つため、これで攻撃を受け、敵主力の各個撃破を狙う。Pアビリティは, 基本の能力はやや凡庸ながらも、味方Mサイズユニットと登場作品「機動戦士Zガンダム」のユニット(, 攻撃力などは大器ユニットとしては凡庸な部類だが、味方の大幅な強化が可能なアビリティで戦力を底上げし、バリア貫通、中確率特殊燃焼効果のある通常攻撃と、高確率特殊燃焼の付与が可能なΩスキルで与ダメージを増やせるのが特徴。燃焼が重要になる征覇のステージで特に役立ってくれる。アリーナでは、初手の行動力が10000とまずまずの速さで、かつ、耐久値50000を持つ。そして、耐久値が全てなくなるとさらに行動力がアップする。相手がよほど高速の編成でない限り、これだけ行動力があれば、先制攻撃を耐久値で耐えたあとに手番を回しやすいのが嬉しい。同様に耐久値を持つ支援能力に優れるユニットを同時に編成すれば、初手の行動力を敵の先制攻撃で下げられにくくなる。Pアビリティは, 味方全体の受ける全ての攻撃のダメージを軽減するという稀少なアビリティを持ち、味方の生存確率を大きく上げてくれる。自身も生存している味方ユニット1体につき、攻撃力、クリティカル倍率、命中率アップと強化されるため火力にも優れる優秀なユニットだ。自身も十分壁役として優秀だが、より頑丈なユニットを用意すればすさまじい打たれ強さを発揮してくれるだろう。アリーナでは、命中率、回避率ともに+300%という数理に加え、自分と隣接する味方ユニットの攻撃力、クリティカル率50%アップ、行動力2000アップ、さらに状態異常にならず、敵からの行動ゲージ減少を無効化するという支援能力も持つ。主力の行動力を上げつつ、自身も戦力として十分な力を持つのが嬉しい。Ωスキルが強力で、防御、反撃無効に加え、バリアと特殊装甲の無効化、さらに軽減250%無効という優秀な効果を持ち、ダメージ軽減能力の高いユニットにも大ダメージを与えられる。しかも、必殺スキルがクリティカル時にレインボーコアを獲得でき、攻撃をあてるごとに、攻撃力、クリティカルダメージ20%、命中率、回避率70%アップ、行動力1000アップとパワーアップしていく。また、500000の耐久値を持つので、敵の先制攻撃を耐えることも可能。Pアビリティは, 高めの回避率に加え、通常攻撃に対して中確率で発生する分身を持つので、回避での壁役としてまずまずの性能。その上で、攻撃を3回当てるごとに、攻撃力、装甲、クリティカル率アップとパワーアップするので、長期戦ではかなりの強さに。また、攻撃にバリア貫通効果を付与、さらにバリア貫通時、ダメージ特大アップするアビリティを持つので、征覇の特定ステージで役立ってくれる。アリーナでは、低コストの優秀な支援ユニットで、自分と、後方1マスの味方ユニットのクリティカルダメージを50%、命中率を250%アップ、行動力を2500アップし、さらに状態異常にならず、敵からの行動ゲージ減少を無効化可能。さらに耐久値を持っているため、敵からの先制攻撃にも耐えてバフを維持できる。必殺スキルは単体対象ながらも多段のタフネス無効能力を持つので、その支援能力で先制攻撃を得意とするユニットに敵の数を減らしてもらい、タフネスや耐久値で生き残った敵を本ユニットでトドメ、というのが理想的な流れだ。Pアビリティは速度重視か攻撃力重視かで組み合わせを変えたい。, ユニットの能力はとびぬけたものはないものの、アビリティで必殺スキルの威力が特大アップするため瞬間火力が非常に高い。また、通常攻撃がクリティカル時、防御無効効果を付与、さらに通常攻撃の吹き飛ばし効果アップという能力も持つので、安定してダメージを稼ぎつつ、敵の妨害ができるのが嬉しい。アリーナでは、100000の耐久値を持ち、その耐久値を失うと味方ユニットのクリティカル率90%、命中率400%アップ、行動力3000アップという効果が発動す。こちらは自身が撃破されても効果が残ることもあり、敵の先制攻撃に耐えて逆襲を狙うタイプの編成で有効。自身はやや鈍足なので手番が回ってくるまえに二回目の攻撃で撃破されてしまう可能性はあるものの、必殺スキルは高威力でタフネス無効効果を持ち優秀。初手のみ全体攻撃でこちらの壊滅を狙う相手であれば必殺スキルを決めるチャンスもあるだろう。Pアビリティは, 長期戦で強いユニットで、敵を撃破するごとに攻撃力、装甲、クリティカル率アップ、必殺スキルを使用するごとに回避率、移動速度大アップ、クリティカル倍率アップとパワーアップする。必殺スキルで敵をまとめて倒せば一気にパワーアップも可能だ。さらに、攻撃がクリティカル時、HP回復、バリア貫通、低確率特殊燃焼効果を付与という追加効果があり、クリティカル率を上げてやれば、回復する壁役として高い能力を発揮してくれる。アリーナでは、自身と隣接する味方を強化するアビリティと、EXアビリティで, 効果はそこそこながらも、初期状態で複数の能力が上がるアビリティに加え、敵に3回攻撃を当てるごとに、クリティカル倍率、命中率アップとパワーアップするアビリティを持つ。バトル開始時にコアを2つ所持し、必殺スキルが乱舞系の技なので、こちらをバトル開始後にすぐ使用してパワーアップすることも可能。また、攻撃にバリア貫通効果を付与、さらにバリア貫通時、ダメージ特大アップするアビリティで、強力なバリアを持つ敵にも強いのが嬉しい。アリーナでは、Vコスト2で優秀な支援能力を持つユニット。自分と、前方1マスの味方ユニットのクリティカル率30%、回避率200%アップ、行動力1000アップというアビリティに加え、EXアビリティで, 最大HPに応じて、攻撃力特大アップ。攻撃時、敵の装甲を一部無効化し、さらに通常攻撃の範囲を拡大、範囲ダメージ特大アップ、という2つの攻撃強化のアビリティに加え、全属性のダメージをとても大きく軽減する特殊装甲を持つ、攻守ともに凄まじい能力を誇るユニット。単騎でも脅威のせん滅力を発揮する。アリーナでは、耐久値3000000というすさまじい数値を誇り、その上Vコスト10で後方2マスへの守護能力持ち、という防御に関してはとんでもない性能を誇る。その分、初期状態では鈍足だが、エースPアビリティ, 自己強化のアビリティを3種類持ち、それらで高い回避率を発揮。敵エリア内で大きくパワーアップするため、回避メインの壁役として優秀。さらに、通常攻撃を高確率で分身可能なので、合わせてすさまじい回避能力を発揮する。アリーナではVコスト4で味方ファイターのクリティカルダメージ50%、回避率100%アップ、行動力2000アップ、さらに敵から受けるダメージを20%軽減可能なアビリティが優秀。なおかつ、自分と、後方1マスの味方ユニットは状態異常にならず、敵からの行動ゲージ減少を無効化する。さらに受けるダメージを60%軽減というアビリティを持ち、特定ファイターのダメージ軽減能力を80%アップできるのが嬉しい。その上、自身も行動力が最大で11800まで上昇可能で、バトル開始時に特殊回避を8回獲得できるため、相手が鈍足、あるいは特殊回避が苦手であれば、高威力の必殺スキルを叩き込むチャンスを作れる。Pアビリティは、, 高い命中率を誇るブラスターで、さらに、通常攻撃の吹き飛ばし効果のアップする妨害能力に長けたユニット。さらに、必殺スキルで敵の回避率を大ダウンさせることが可能で、回避特化の敵が出現する征覇の特定ステージなどで役立ってくれる。また、味方Mサイズユニットを大幅に強化できるアビリティを持つので、編成はそれらを中心に組みたい。アリーナでは、行動力は並で、火力もそこそこなのだが、Ωスキルが分身無効かつ超命中の効果があり、その上アビリティで特殊回避に攻撃が命中するように。必中状態を無効化できる相手にも超命中の効果ならヒットすることもあり、ほぼすべての敵に攻撃を当てることができる。鈍足なので狙うのは回避特化のユニットで、敵の攻撃を凌ぎたいなら、守護能力持ちのユニットと組ませてやると良いだろう。Pアビリティは, アビリティの効果そのものは尖ったものは持たないものの、味方全体の攻撃力、クリティカル倍率、移動速度大アップというアビリティと、攻撃に防御無効、バリア貫通効果を付与、さらにバリア貫通時ダメージ大アップというアビリティで安定した能力を誇る。支援役としてであれば十分な性能だろう。本命はアリーナで、こちらも支援能力に優れるユニットとなっている。Vコスト4で、, 味方を強化するアビリティを2つ持ち、装甲、命中率、クリティカル率、移動速度を大アップするアビリティと、WAVEが進むごとに味方全体の装甲を大アップ、攻撃力、クリティカル率をアップするアビリティで強力に味方をサポ―トする。その上、精神スキルを最大で3回使用できるため、長期戦で活躍してくれる。アリーナでは、行動力にすぐれ、かつ、味方近接タイプのユニットを大幅に強化してくれるバランスの良いユニット。行動力は、Pアビリティ込みで15500までアップ可能で、単体対象ながらも威力が高めの必殺スキルを使用可能。主力に先行して守護能力持ちのユニットにダメージを与えるか、倒したいときに便利。Pアビリティは、速度重視なら, まずまずの効果を持つ自己強化アビリティに加え、通常攻撃に低確率スタン、スロウ効果を付与、さらに通常攻撃に吹き飛ばし効果を付与し、状態異常の敵に対してダメージが特大アップするという自己完結した組み合わせの能力を持つ。さらに、敵に1回攻撃を当てるごとに攻撃速度、攻撃力、クリティカル率アップとパワーアップするため、バトル後半ではかなりの火力を発揮してくれる。アリーナでは、自身のVコストは4で、それ相応の能力だが、味方ファイターのクリティカルダメージ50%、回避率100%アップ、行動力1800アップ、さらに敵から受けるダメージを30%軽減という効果のアビリティが優秀。さらに、自分が撃破された時、味方の攻撃力、クリティカルダメージ20%、命中率、回避率50%アップ、行動力1000アップというアビリティを持つ。味方ファイターが耐久値を持っている場合や、守護能力持ちのユニットで守る場合、自身が撃破されても残った主力を大きく強化できるのが嬉しい。Pアビリティは, 火力、装甲両面で優れるユニットで、さらに、スロウ、スタン、燃焼、暗闇にならないというアビリティを持つため前衛として優秀。さらに、必殺スキルを使用すると、長時間、攻撃力、クリティカル倍率特が大アップし、必殺スキルはアビリティの効果でコア3つで使用できるため、コアに余裕があったら即撃ち、ボス戦で再度使用するとよいだろう。アリーナでは、耐久値と自身の上方2マスへの守護能力の両方を持つコスト12の非常に強力な壁役となっている。さらに、耐久値を回復するアビリティも持つため、ダメージ軽減無効能力の低いユニットだと耐久値を減らすことすら困難。本ユニットの上1マスに強力な全体攻撃などを持つ味方を入れるのが基本だが、ノーマルアリーナだとコストの都合上やや戦力不足になることも。EXアリーナであれば、かなり強力なユニットも配置できるうえ、他の耐久値と守護能力を持つユニットに比べコストが低めなため、支援役も充実させやすいのが嬉しい。Pアビリティは, 大きく攻撃力が上がるアビリティを複数持ち、さらに、敵に1回攻撃を当てるごとに、攻撃力、クリティカル率が大アップ、攻撃速度、クリティカル倍率がアップするためすさまじい火力を誇る。その上、ファイターの攻撃範囲をさらに拡大可能なため、単騎で敵をまとめてせん滅できる。また、通常攻撃に中確率特殊燃焼、防御無効効果を付与できるため、征覇の特定ステージで活躍してくれる。アリーナでは、2段攻撃ながら、高い軽減無効能力とタフネス無効能力、さらにバリア、特殊装甲を貫通可能な強力なΩスキルを所持する。そして、自身は耐久値を持ち、その上で味方が撃破されるごとに、攻撃力、クリティカルダメージ80%、命中率、回避率300%アップ、行動力5500アップと凄まじいパワーアップをする。命中率もPアビリティ込みで最大1850%までアップするので、多くの敵に攻撃を当てることが可能。ただし、初期行動力がそれほど高くなく、敵が連続で攻撃してくると、手番が回ってくる前にあっさりやられることも。敵の行動力が非常に速い場合、守護能力持ちのユニットと組み合わせ、複数回攻撃に耐えられるようにすると良いだろう。Pアビリティは, 初期状態での能力はそこそこなものの、必殺スキルを使用すると、長時間、攻撃力が特大アップ、クリティカル率、クリティカル倍率が大アップし、バトル開始時にコアを2つ所持しているため開幕からパワーアップ可能。さらに、攻撃にバリア貫通、中確率スタン効果を付与、さらにバリア貫通時、ダメージが大アップするので、バリアを持つ敵に強いのが嬉しい。アリーナでは、Vコスト8で自身の後方2マスの味方ユニットに守護状態を付与可能なユニット。その代わり、味方Vコスト9以上のユニットの命中率500%ダウン、行動力4000ダウンという強烈なデメリットを持つので注意。非常に便利で、必殺スキルも強力なため火力も十分なのだが、行動力がそれほど高くなく、先手を取られやすいため純粋な戦力としてはあまり期待できない。しかし、HP満タンのとき、全属性のダメージを無効化する特殊装甲を持つため、特殊装甲を苦手とする敵には非常に強いので、敵の先制攻撃次第ではしぶとく耐えてくれる場合も。Pアビリティは無理に習得する必要はないが、保険で, 初期状態では自身を強化するアビリティを持たないものの、敵エリアで入ることで、攻撃力、命中率、移動速度特大アップ、クリティカル率、クリティカル倍率大アップと大幅なパワーアップが可能。ほぼ常時発動していると思ってよいだろう。また、攻撃にバリア貫通、防御無効効果を付与するため、守りの硬い敵にも強い。そして、状態異常にならないため、この2つのアビリティで征覇のさまざまなステージで役立ってくれる。アリーナでは、通常攻撃が非常に強力で、敵の防御無効、装甲100%無効、軽減250%無効、バリア、特殊装甲貫通、3回攻撃可能という能力に加え、敵の守護状態を貫通し、最終ダメージの10%を与えることが可能。一斉攻撃などと組み合わせると非常に強力だ。また、必殺スキルも単体対象ながら、高威力かつ、バリア、特殊装甲貫通、タフネス無効と非常に強力。回避率より防御重視の相手と戦うときに役立つ。さらに、自分と、上下1マスに隣接する味方ユニットのクリティカルダメージ50%アップ、行動力1000アップ。さらに敵から受けるダメージを50%軽減、味方アタッカー、ディフェンダー、シューターの攻撃力、クリティカル率、クリティカルダメージ30%、命中率、回避率150%アップ、行動力1000アップという2つの支援アビリティも優秀で、条件を満すユニットの大幅なパワーアップが可能だ。Pアビリティは, 初期状態ではパラメータそのままの能力しか発揮できないものの、敵に1回攻撃を当てるごとに攻撃力、回避率、移動速度が大アップ、命中率、攻撃速度がアップし、通常攻撃に貫通効果を付与するため、複数の敵に一度に攻撃を当てることで、一気にパワーアップ可能だ。また、状態異常にならず、通常攻撃に高確率で分身が可能なため、征覇の特定ステージで壁役などとしても活用できる。アリーナでは、初期行動力が7500で、Pアビリティで6500アップ可能で計14000になる。バトル開始時に狙撃状態になり、同時に特殊回避を4回獲得し、その特殊回避を所持している間、必中状態を得られるため、先制攻撃で特定のユニットを狙い撃ちが可能。また、, 初期状態ではその能力はやや凡庸なものの、敵に1回攻撃を当てるごとに攻撃力、装甲、クリティカル率、命中率大アップ、クリティカル倍率アップとパワーアップ可能で、長期戦に強い。また、状態異常にならず、貫通無効の能力を持つため、後方にいる射撃タイプのユニットや、戦艦を敵の貫通攻撃から守るのに適している。アリーナでは、自分の上方2マスの味方ユニットに守護状態を付与可能な守護能力持ちのユニット。さらに、自身はバトル開始から2ターン、敵から受けるダメージを330%軽減可能で、Pアビリティを加えれば380%まで軽減可能に。超改造や味方のバフでダメージ軽減を追加すれば、凄まじい耐久力になり、味方が安全に攻撃できる状態を作りやすい。そして、Vコスト10の守護能力持ちでありながら、味方アタッカー、ディフェンダー、シューターの攻撃力、クリティカル率、クリティカルダメージ30%、命中率、回避率150%アップ、行動力1000アップと3タイプの強化が可能なのがありがたい。Pアビリティは, コアを所持していると、攻撃力、命中率特大アップ、クリティカル倍率大アップ。そして敵エリア内で回避率特大アップ、攻撃力、クリティカル率、移動速度大アップ、攻撃速度アップ、という2つのアビリティ効果で大幅なパワーアップ可能で、バトル開始時にコアを2つ獲得可能なため、コアを残しつつ必殺スキルも撃ちやすい。さらに、攻撃にバリア貫通、防御無効効果を付与、バリア貫通時にダメージ特大アップが可能で、必殺スキルは必要コアが1で使用するたびに威力が上がるので、繰り返し使用すればバリア貫通時に凄まじいダメージに。アリーナでは、必殺スキルに専用のPアビリティを加えることで単体対象ながらもすさまじい火力を発揮するようになり、威力180%×3で軽減380%無効、防御無効、装甲100%無効、タフネス無効、バリア、特殊装甲貫通という能力に。また、行動力が高めで、Pアビリティ込みで15100まで上昇可能。その上、味方Vコスト7以上のユニットの命中率170%、回避率250%アップ、行動力1800アップと条件付きだが味方も強化可能。高火力のユニットを2体並べたいときに便利なユニットだ。Pアビリティは必殺スキルを強化する, 敵に1回攻撃を当てるごとに回避率、移動速度、攻撃力がアップするアビリティを持ち、短射程のシューターなので攻撃速度に優れるため効率よくパワーアップ可能。さらに、必殺スキルを使用すると、攻撃力、回避率、移動速度が特大アップするので、バトル開始から早いタイミングで複数の敵を必殺スキルで撃破すれば一気にパワーアップする。アリーナでは、まずまずの行動力に、バトル開始時、特殊回避を6回獲得可能で必中状態の敵以外に強く、, 味方を強化する能力に優れたユニットで、WAVEが進むごとに味方全体の攻撃力、命中率大アップ、クリティカル率、クリティカル倍率アップ、ボスWAVE時、自分以外の味方の攻撃力、装甲、命中率大アップ、という2つのアビリティで味方を大幅に強化できる。さらに、登場作品, 攻撃力、クリティティカル倍率が高く火力に優れるユニット。攻撃に低確率特殊燃焼、スタン効果を付与可能なため、それらの効果に弱い敵が出現する征覇の特定ステージで非常に役立ってくれる。さらに、味方全体を強化するアビリティを持つが、攻撃力大アップ、クリティカル倍率、移動速度アップ、装甲、命中率、回避率大ダウン、と、強化効果が大きい代わりにデメリットも大きいのが特徴。命中率と回避率が非常に高くデメリットを気にしなくてもよいユニットや、HP回復能力を持つユニットと組ませればその力を発揮しやすい。アリーナでは、全属性のダメージを90%軽減する特殊装甲に加え、敵からダメージを受けるごとに、HP50%回復し、弱体化を解除、バリア、特殊装甲発動時、レインボーコア獲得という能力を持つので、特殊装甲を無効化できない敵や、必殺スキルが単発の敵に対してはまずまずの頑強さを誇る。Pアビリティは、, 攻撃力と攻撃速度に優れる高い火力を発揮するユニット。さらに、敵エリア内では、回避率、攻撃力大アップ、クリティカル倍率大アップとパワーアップするためさらに火力がアップする。そして、攻撃にバリア貫通、防御無効効果を付与、さらにバリア貫通時にダメージ大アップという能力により、守りの硬い敵にも大きなダメージを与えられる。アリーナでは、行動力はPアビリティ込みで最大10000だが、350%のダメージ軽減無効能力、バリア、特殊装甲貫通の単体対象の多段必殺スキルを持ち、さらに、アビリティで特殊回避を無視して攻撃可能なため、回避率の低めのユニットであれば手番さえ回ってくれば一気に大ダメージを与えられる。防御の高いユニットと戦うときに便利だ。Pアビリティは, 高い基本能力に加え、WAVEが進むごとに攻撃力、装甲、命中率大アップ、クリティカル率、クリティカル倍率アップとパワーアップするため、長いWAVEのステージで強い。さらに、通常攻撃に貫通、バリア貫通、防御無効、高確率暗闇、中確率スタン効果を付与するため、主に征覇の様々なステージで活躍してくれる。アリーナでは、自身の能力だけで初期の行動力が15500にもなる(敵の数で変動。最低値は11500)。そして、バトル開始時に狙撃状態になり、自分と、前方1マスの味方ユニットの攻撃力、クリティカルダメージ150%アップ、行動力4000アップ、さらに状態異常にならず、必中状態を付与というアビリティで、速攻から一気に大ダメージを与えられる。Ωスキルがタフネス無効こそないものの、高火力かつ敵エリア全体を攻撃可能な5段攻撃なので強力なタフネス無効を持たないは一気に殲滅可能だ。ただし、なんと自分以外の味方の攻撃力、クリティカルダメージ50%ダウン、行動力2000ダウンというデメリット込みのアビリティを持つため、前述の前方1マスの味方を強化するアビリティの対象ユニット以外は大幅に弱体化してしまう。その自身ともう一体で勝負を決める必要がある。Pアビリティは, 運動性分攻撃力が上がるアビリティを持つため、攻撃力は約2倍になる。さらに、回避発生時、攻撃したユニットに固定大ダメージ、高確率スタン効果を付与できるため、前線で高いダメージ効率を発揮する。また、回避率に関しては、1回ダメージを受けるごとに回避率、移動速度大アップ、攻撃速度アップ、攻撃を3回当てるごとに回避率、命中率大アップ、クリティカル率アップという2つのアビリティで上がっていくのでどんどん効率がアップする。アリーナでは、Vコスト4ながら、自分と、その上下1マスに隣接する味方ユニットの攻撃力、クリティカル率、クリティカルダメージ20%、命中率、回避率100%アップ、行動力2300アップという効果のアビリティを持ち、先制攻撃を狙うユニットの補助として非常に優秀。自身もPアビリティ込みで初手は12300まで行動力が上がり、バトル開始から2ターンの間狙撃状態を得るため、主力に続いて攻撃したり、超改造次第では先行して攻撃することも可能。必殺スキルを当てるとレインボーコアを獲得できるので、必要コア3、4段攻撃の必殺スキルを使用して最終的にコアを1つ増やすことも可能だ。Pアビリティは, 必殺スキルを使用するごとにクリティカル倍率大アップ、攻撃速度アップとパワーアップ可能で、必殺スキルそのものは必要コア5だが、アビリティで必要コアを2つ減少できるため比較的容易に使うことが可能。さらに、敵を3回撃破するごとに攻撃力、命中率が大アップ、クリティカル率がアップするので、必殺スキルで複数の敵をまとめて撃破できれば一気にパワーアップも可能。長期戦で真価を発揮するユニットだ。アリーナでは、横一列の範囲ながらも、高い軽減無効能力を持つタフネス無効、2ターンの間敵のバリア、特殊装甲を無効化可能な2段攻撃を持つ。手番さえ回ってくれば敵主力を一撃で倒せる可能性もある。初期の行動力はそれほど高くないものの、100000の耐久値を持ち、耐久値をすべて失ったとき、攻撃力、クリティカルダメージ50%、命中率200%、回避率500%アップ、行動力4500アップとパワーアップして行動力は10500になる。さらに、1度だけ、自分のターン開始時、特殊回避を15回獲得可能なので、先制攻撃に耐え、手番で敵主力さえ倒せば十分に粘り勝ちが狙える。さらに、Pアビリティで, 自身のパラメータなどに効果を及ぼすアビリティは1つのみだが、ブラスターのため攻撃を受けにくく、成長タイプ, 攻撃力、特大アップ装甲、命中率、移動速度、クリティカル倍率大アップという自己強化のアビリティに加え、自軍エリア内でクリティカル倍率が大アップし、さらに攻撃時、敵の装甲を一部無効化可能。ブラスターなので基本的に自軍エリアから出ることはほとんどないため、ほぼ常時発動と考えてOK。さらに、攻撃に貫通、バリア貫通を付与さらにバリア貫通時、ダメージが特大アップする能力のため、ダメージ効率に優れる。アリーナでは、初手行動力が高めで先制攻撃が狙いやすい。ただし、必殺スキルのの能力が特徴的で、なんと、クリティカル率-300%というデメリットを持つ。その代わり、必殺スキルがクリティカルになるとアビリティによる追加効果が発動。最終的に、威力500%の反撃無効、敵の装甲100%無効、タフネス無効、バリア、特殊装甲貫通、軽減350%無効のビーム射撃というすさまじい能力になる。EXアビリティに, 初期状態で発動する自己強化のアビリティに加え、生存している味方ユニット1体につき、攻撃力、装甲大アップ、命中率、クリティカル率アップという効果のアビリティを持ち、全員生存時はかなりの強さに。さらに、自軍エリア内にいる味方ユニットの攻撃力、クリティカル率、命中率大アップ、装甲アップというアビリティを持ち、通常時は強化の対象が限られやすいものの、射撃ユニットのみで戦うステージや、自軍エリアで敵を迎撃するステージのある征覇ではピンポイントで役立ってくれる。アリーナでは、Vコスト4で各能力も相応のものだが、味方射撃タイプの回避率200%、行動力1200アップという効果のアビリティと、なんと、前方1マスの味方ユニットのクリティカル率400%アップという尖った性能のアビリティを持つ。ほとんどのユニットには過剰な効果だが、クリティカル率を下げるデメリットを持つユニットと併用すると真価を発揮することができ、特に、, 初期状態ではパラメータなどが上がるアビリティは持たないものの、必殺スキルを使用すると、一定時間攻撃力が特大アップする。バトル開始時にコアを2つ獲得できるため、早い段階で使用可能。序盤で1回、ボス戦で1回発動すると良いだろう。また、WAVEが進むごとにクリティカル率、クリティカル倍率が大アップするので、火力に関しては最終的にかなり高くなる。アリーナでは、横一列対象ながらも、特殊回避以外に命中する凄まじい火力の必殺スキルを持つ。そして、初期の行動力そのものは高くないものの、100000の耐久値を持ち、さらに耐久値を失うと、特殊回避を10回獲得し、攻撃力、クリティカルダメージ70%、回避率300%、行動力6500アップと大幅なパワーアップが可能。必中の攻撃を2回連続で食らわない限りは、敵の先制攻撃にもある程度耐えることができ、自ターンでの逆襲が狙える。高命中の敵主力を撃破すれば、残った敵を単機でせん滅も狙えるだろう。Pアビリティは、, 攻撃速度に優れ、火力はまずまず。その上で通常攻撃に中確率スタン、防御無効効果を付与するアビリティを持つ使い勝手の良いユニット。さらに、常に透明状態になるアビリティを持つため、射撃ユニットの攻撃が厳しいステージでも攻撃を受けずに済むのが嬉しい。味方Mサイズユニット全体の装甲、クリティカル倍率大アップという効果のアビリティも持つので、対象となるユニットをなるべく編成したい。アリーナでは、味方Vコスト5以下のユニットの装甲200%アップ、行動力1000アップ。さらに受けるダメージを60%軽減というアビリティと、自分と、前方1マスの味方ユニットの攻撃力、クリティカル率50%アップ。さらに敵から受けるダメージを60%軽減アビリティにより、条件を満たすユニットへ計120%のダメージ軽減能力を付与することが可能。防御に特化した低コストユニットをさらに頑強にするのが主な役割だ。自身も対象となり、初期状態で140%のダメージ軽減能力になるため、Pアビリティも, 支援能力に優れたユニットで、バトル開始時にレインボーコアを2個所持し、WAVEが進むごとに味方全体の回避率、移動速度大アップ、命中率、攻撃力アップ、そして、登場作品, 敵に1回攻撃を当てるごとに移動速度、クリティカル倍率、攻撃力、クリティカル率アップとパワーアップし、長期戦に強いユニット。さらに、装甲の一部の無効化と、バリア貫通能力、バリア貫通時にダメージが特大アップする能力を持つため、防御能力の高いユニットに強い。征覇の特定ステージで活躍してくれる。アリーナでは、Pアビリティ込みで高い初手行動力を誇り、HP1/3以上で必中能力を発揮、単体対象ながら高威力でタフネス無効の多段必殺を持つ。さらにアビリティの効果で敵の守護状態を貫通し、最終ダメージの10%を与える。敵の主力ユニットを守護状態で守られている場合に、先制攻撃での撃破が狙える。Pアビリティは、行動力重視なら, 海ステージで味方を大きく強化するアビリティを持つので、特定のステージで大きな力を発揮する。通常攻撃に貫通効果と中確率の暗闇効果を持つため、複数の敵にまとまったダメージを持ちつつ、暗闇をばらまくことができる。また、これらの能力が発動しなくとも、獲得資金が特大アップするアビリティを持つため、Pアビリティ育成時など、資金を稼ぎたいときに役立ってくれる。アリーナでは、Vコスト2でまずまずの能力で、EXアビリティで, 戦艦に対してダメージが特大アップするアビリティを持ち、さらに移動速度に優れるため、征覇28-Dで非常に役立ってくれる。さらに、味方全体の攻撃力、命中率、回避率、移動速度を大アップさせるアビリティを持つため、同ステージで味方を素早く戦艦に到達させるために役立つ。アリーナでは、Pアビリティを習得することで、初手で高めの行動力を発揮、さらに、HP1/3以上で必中状態を得、Ωスキルが、敵エリア全体を攻撃可能な多段技で、軽減330%、タフネス無効という強力な効果を持つ。また、7回の特殊回避と7回の強化タフネスを持つため、必中かつタフネス無効の必殺スキル以外には先制攻撃をされても耐えられる可能性が高い。その上で、味方の攻撃力、クリティカルダメージ20%、命中率、回避率200%アップ、行動力2000アップをいう強力な支援能力も持つため、自身が主力としても、他の主力の支援をしたうえで二手目の攻撃役もこなせるバランの良いユニットとなっている。Pアビリティは, 敵に1回攻撃を当てるごとに回避率、攻撃力、クリティカル率、移動速度、装甲がアップする長期戦で強いユニット。命中率、攻撃力、装甲、攻撃速度にも優れるため最終的なスペックはかなり高くなる。また、通常攻撃を高確率で分身可能なため、装甲の高さも合わせて壁役としてまずまずの能力を誇る。さらに、分身発生時に攻撃したユニットに 固定大ダメージ、低確率スタン効果を付与可能なため、前線で攻撃を受けつつダメージと状態異常をばらまくことが可能。アリーナでは、自分と、後方1マスの味方ユニットの攻撃力、クリティカル率、クリティカルダメージ50%アップ、行動力1500アップ、さらに敵から受けるダメージを50%軽減というアビリティによる主力の支援役として優秀なユニット。その上で、行動力こそそこそこなものの、バトル開始時に耐久値を30000得、敵の先制攻撃に耐えやすい上、必殺スキルが単体対象ながらも強力なため、主力が倒し損ねたユニットの撃破を狙える。Pアビリティは, 攻撃力、クリティカル率大アップ、攻撃速度アップ、装甲、回避率、移動速度大ダウン、さらに通常攻撃の範囲を拡大し、範囲ダメージ大アップし、攻撃時、敵の装甲を一部無効というデメリット付きの自己強化アビリティを持ち、この能力により広範囲に高い火力を発揮する。そして、生存している味方ユニット1体につき、攻撃力大アップ、装甲、回避率、移動速度アップというアビリティにより、味方さえ生きていればデメリットは帳消しにでき、さらに火力をアップさせることが可能。全属性のダメージを大きく軽減する能力も持つので、自身が壁となって味方を守り、全員生存の状況を維持しよう。アリーナでは、味方ファイター、ブラスターの攻撃力、クリティカルダメージ、クリティカル率20%、命中率150%アップ、行動力800アップという支援能力が優秀なユニット。さらに、, 攻撃力、装甲が特大アップ、クリティカル率が大アップするアビリティと、全属性のダメージをとても大きく軽減するアビリティでかなりの打たれ強さを誇る。火力もまずまずで、その上、味方全体の攻撃力、回避率、移動速度を大アップさせるアビリティを持ち、通常攻撃に防御無効、中確率特殊燃焼、スタン効果を付与するため、非常にバランスの良い性能となっている。アリーナでは、HPが3/4以下になると大幅にパワーアップした上で、必中状態になる、追い込まれてパワーアップするユニット。しかし、タフネスなどのアビリティを持たないため発動は少々難しい。ただし、150%のダメージ軽減に加え、ファイター、ブラスターから受けるダメージを150%軽減するアビリティを持つため、それらと戦うときに非常に頑強になるため、発動しやすくなる。Pアビリティで, 回避率が特大アップするアビリティに、通常攻撃に対して高確率で発動する分身により高い回避能力を誇る。自陣で敵を止めなくてはならないとき以外にも、移動速度も高いのであえて壁として前線で使うのもアリ。さらに、通常攻撃に貫通、防御無効、中確率スタン効果を付与するため、複数の敵に安定したダメージを与え、スタンをばらまくことができる。アリーナでは、Vコスト14にふさわしい非常に強力なユニットで、初手が非常に速く、バトル開始時に必中、狙撃状態に。そして、敵を撃破するごとに、攻撃力、クリティカルダメージ50%、命中率、回避率400%アップ、行動力2500アップとパワーアップし、1ターン行動力10000アップ。さらに、必中状態の攻撃に対して、回避と特殊回避が可能なため、初手で敵を撃破して回避率を上げ、以降攻撃を避けつつ各個撃破を狙う。必殺スキルは、なんと軽減999%無効の多段技なので、ほとんどの敵に最大ダメージを与えることができる。ただし、タフネス無効はないので、強力なタフネスアビリティを持つ敵には他のユニットを撃破して、能力が上昇してから挑むとよい。弱点として、特殊回避を持たないため超命中系の能力にやや弱い。それらを使う敵が居た場合、なるべく初手で落としておきたい。Pアビリティは、自分が攻撃対象に選択されていない場合、相手の攻撃を受けない、という能力を得る, 全属性のダメージを大きく軽減するアビリティに、生存している味方ユニット1体につき攻撃力、装甲、回避率が大アップするアビリティにより、壁役としてまずまずの性能を誇る。その上で、回避発生時、攻撃したユニットに固定大ダメージ、中確率スタン効果を付与するアビリティを持つので、最前線で攻撃を受けることよりさらにダメージ効率をアップすることが可能。また、攻撃にバリア貫通を付与、さらにバリア貫通時にダメージ特大アップするため、征覇の特定ステージで活躍できる。アリーナでは、8回まで致命ダメージに対して耐えるタフネスアビリティと、敵からダメージを受けるごとに、攻撃力、クリティカルダメージ30%、命中率50%アップ、行動力400アップを持つ。タフネス無効以外の攻撃であれば、ある程度耐えた上パワーアップして敵主力の撃破を狙える。必殺スキルの, WAVE開始時、味方全体のHPを大回復するアビリティに、HP1/2以上で、味方全体の装甲、回避率が大アップするアビリティ、WAVEが進むごとに味方全体の攻撃力、装甲、回避率が大アップするアビリティにより、高い支援能力を持つ。長期戦で特に強いユニットとなっている。アリーナでは、Vコスト2でそれ相応のスペックではあるが、味方の攻撃力、命中率、回避率30%アップ、行動力1200アップと、自分のタイプと同色コアをバトル開始時に2つ所持による支援能力が優秀なユニット。レベルさえ上げれば、そのままアリーナなどに投入できるのが嬉しい。もしPアビリティを習得するのであれば、, 敵に1回攻撃を当てるごとに攻撃力、移動速度、回避率がアップするので長期戦で強い。また、, 全ての攻撃のダメージを大きく軽減し、さらに必殺スキルのダメージを大きく軽減するアビリティを持つため、非常に打たれ強く優秀な壁役となっている。攻撃力などもまずまずで、攻撃にバリア貫通能力があるのが嬉しいポイント。バトル開始時にディフェンダーのコアを3つ所持するため、序盤から必殺スキルを撃ちやすい。アリーナでは、高めのスペックに加え、狙撃状態になり、また、バトル開始時に耐久値100000を得る。そしてその耐久値を失うと攻撃力、クリティカルダメージ70%、回避率500%アップ、行動力4500アップ、さらに必中状態を得ることができ、行動力は計10000になる。この状態で敵の主力をピンポイントで撃破して逆転を狙う。Ωスキルが軽減400%無効、タフネス無効、バリア、特殊装甲貫通の4段攻撃なので、耐久値を持たないほとんどの敵の撃破を一撃で狙える。同様に耐久値を持つ味方と組んで、敵の初手に耐えてせん滅を狙ってもいいだろう。Pアビリティは、, 初期状態ではスペックは平凡ながら、コアを3つ以上所持している時、攻撃力、装甲、攻撃速度、移動速度大アップとパワーアップ可能で、バトル開始時にコアを1個所持しているためバトルが開始すればすぐに発動する。コアの数を3個以下にしないよう必殺スキルを使おう。また、必殺スキルに敵の攻撃力ダウン効果が付与されるため、攻撃力の高い敵に必殺スキルを当てて弱体化を狙える。アリーナでは、Vコスト4で、自身の前方1マスの味方ユニットの命中率100%ダウン、行動力1200アップというデメリット付きのアビリティと、EXアビリティの, ブラスター版の同名ユニットをそのままファイターにしたような性能で、HPが多いほどアップする攻撃力で非常に高い火力を誇り、攻撃にバリア貫通と貫通時のダメージアップに加えHP回復効果があり、回避率も高いため非常にしぶとく戦える。バトル開始時にコアを3つ所持しているため必殺スキルが撃ちやすいのも嬉しい点だ。アリーナでは、Vコスト12と高いコストながら、相応のスペックを誇り、EXアビリティで, 敵に攻撃を7回当てるごとに移動速度、回避率、クリティカル率大アップ、命中率、攻撃速度アップとパワーアップ可能で、必要なヒット数が多い分上がる能力が多い。また、運動性分攻撃力がアップするアビリティを持つので、初期状態でも攻撃力だけは十分な数値を誇る。その性質上長期戦に強い。アリーナでは、Vコスト8で、スペックはそこそこながらも、EXアビリティに, 生存している味方ユニットがいると、攻撃力、回避率、移動速度特大アップとパワーアップ可能で、まずこちらが消えることはないので初期状態での強さは十分。その上で、ボスWAVE時に、攻撃力、クリティカル率、攻撃速度大アップとパワーアップし、さらに、必殺スキルの威力特大アップ、さらに必殺スキル使用時、クロスコンボ倍率アップという能力を持つので、総じて対ボス戦で大きな力を発揮するユニットとなっている。また、精神スキルを2回使えるアビリティも持つため、長期戦で, 攻撃力、命中率などの数値が非常に高く、さらに、攻撃時に敵の装甲を一部無効化する能力を持ち、攻撃には貫通、バリア貫通、防御無効、HP回復効果を付与と様々な追加効果を発揮し、攻撃、防御両面で高い能力を発揮する。その上で、バトル開始時にコアを2つ所持するので、必殺スキルも撃ちやすい。アリーナでは、Vコスト10のユニットで、相応の能力を誇る。その上で、バトル開始時に必中状態を得るため、強力な必殺技での敵のせん滅が狙える。自身を含む、味方Vコスト9以上のユニットの行動力を2500アップ、さらに状態異常にならず、敵からの行動ゲージ減少を無効化する能力により、特定のユニットを同時に編成することでその大幅なパワーアップも可能だ。敵からダメージを受けるごとに、HP全回復。さらにレインボーコアを獲得という能力を持つので、攻撃の回数で押すタイプの必殺スキルに強い。ただし、回避そのものは10回の特殊回避頼みなので、高火力かつ必中状態の敵にやや弱い。そして、必殺スキルの.

●SSR[S]ナイチンゲール★(大型メガ・ビーム・ライフル:シャア), ●SSR[A]ゴーショーグン(ゴーサーベル:真吾) 同じかどうかわからんが、イオナドールらしきものを

入場待機列で持っていたけど、ライブ中も持って見てたのかなww, 8/1位のあの着ぐるみうってくれ 尻のほうにダクト用のメッシュあって案の定ファン付いてんのな, >>113

TV版じゃ立場が逆だったろうが, にこにこタイムシフトで見てたんだが、20分てようわからんかった 深い意味はないのでは, >>120 クラインフィールドを視覚的にわかりやすく表現してるだけで

●SSR[B]メルスギア・マラゴール(ヴァリアブル・プラズマライフル:カタリーナ(私服)), ●SSR[B]Hi-νガンダム(ビーム・ライフル:アムロ)

ミース カムー スカ ミッキーマウス 45, 佐藤健 マネージャー どんな人 34, ラブレボ Psp 違い 17, ザマンザイ 審査員 歴代 33, With A Bit Of Jealousy 意味 5, 青翔開智 中学校 偏差値 5, オオクワガタ 蛹室 見えない 10, 札幌 レンタルルーム デート 11, 花火大会 兵庫 2020 5, あすなろ白書 松岡 死 何話 5, シュガーソングとビターステップ 歌詞 コピー 16, 東大王 早稲田チーム 山本 45, 永瀬廉 画像 高画質 24, スラムダンク インターハイ 会場 4, マイクラ 凄い ギミック 43, ヒロミ バイク 愛車 8, クローン病 食事 ブログ 8, 兵庫県公立高校入試 2020 平均点 4, 台湾 輸入代行 おすすめ 6, 男性 歌手 ソロ 50代 6, 日野 自動車 故障診断 9, ホンダ ラゲージボックス 振動 4, Tranquility 澤野 歌詞 5, Stpr 病み 小説 7, ドラフト候補 評価 過去 41, ぽしゃけ カーニバル バーレスク 4, Ark ダンジョン Pc 59, Nhk逆転人生 船場吉兆 再放送 4, Pso2 ノヴェルユニット Op 5, 共通テスト 古文 勉強法 4, 我々だ ゾム 小説 42, みお 漢字 男 6, ジミン 似てる 日本人 46, ダイソー 蚊取り線香 効果 44, 修善寺 踊り子 運用 14, 中井美穂 腹膜炎 原因 11, ザ フライ2 犬 12, 五 日 縄 6, コムデギャルソン メンズ シャツ 4, 北海道 フクロウ 野生 18, 有吉の壁 江戸の町 動画 18, クレー射撃 スキート トラップ 違い 4, Dvdiso 映画 淵に立つ 4, 紗 栄子 目 4, 岡山 フリーアナウンサー 男性 5, スピード メンバー 死亡 17, リモートデスクトップ スクロール 遅い 50, 貶す 貶める 違い 34, お初 徳兵衛 浮名 の 桟橋 あらすじ 4, 清 竜人 血液型 10, あつ森 イザベラ 家 14, ポケモンgo 色違い 交換 11, 小さきもの 英語 歌詞 和訳 4, 伊勢原 射撃場 オリンピック 6, キャンター エルフ どっち 29, オラクルマスター ブロンズ 試験日 4, カローラスポーツ カスタム 内装 5, 猫 かかと 血 7, 自動車メーカー 総合職 年収 27, 好きな人がいること 6話 ネタバレ 4, 釣りよか ステッカー 販売 4, 会社 Line 強制 違法 8, るろうに剣心 人誅編 ネタバレ 21, フレシャス 買取 解約 10, 松本幸四郎 息子 嫁 8, Zoom 40分 切れない 25, マーキュリアル Ag 壊れる 10, 鉄道 座席 販売 6, レゴ バットマン 2 日本語化 9, 東京理科大学 工学部 キャンパス 5, 成長ホルモン注射 打ち 方 4, タイ 漁師 パンツ 13, マリノス プライマリー スカウト 17,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *